高周波焼入れ・ソルト焼入れ・調質・熱処理・コイル製作・歪取り(曲り矯正)・ショットブラスト・精密機械加工

横浜高周波工業株式会社
サイトマップ
TEL:045-542-8484
FAX:045-542-8498

〒223-0057 横浜市港北区新羽町964-17

HOME会社概要高周波焼入れ事業内容事例紹介お問い合わせアクセスMAP
HOME > 事例紹介

事例紹介

高周波焼入れの精度と専用コイル
製品仕様:弊社作成テストピース(大径部:φ35 小径部:φ25)

高周波焼入れにおきまして、コイルは品質を左右する重要な要素です。
 弊社でお預かりする製品の中には既存のコイルでも対応が可能ですが、焼入れの精度としては、お客様の要望に沿うかどうか判断が難しいものがあります。
 そのような場合は、処理前にお客様とご相談後、専用コイルを作成させていただく場合があります。
 その際に製品と一緒にテストピースもお預かりしている場合には、テストピースを焼入れし、マクロ組織(エッチングパターン)をご確認していただくことが可能ですが、ここではテストピースをお預かりしない場合の参考として、専用コイルと汎用コイルでのマクロ組織の違いをご紹介させていただきます。
  指示硬化層イメージの赤部の焼入れ指示に対して、汎用コイルを使用する場合には、φ35部とφ25部の2か所に分けて焼入れを行うことになります。 こうした場合には、どのようにしても焼の入りが甘くなるか、全く焼が入らない部分が 発生してしまいます。
  専用コイルを使用する場合は、φ25部・φ35部・φ35部の端面の全てを一度に焼入れできますので、焼入れ範囲の指示に近い硬化層を得ることができます。
  弊社ではこのようなデータを考慮しまして、お客様とご相談の上、希望される焼入れの精度に基づいて処理を行っております。

PAGE TOP
高周波焼入れ・ソルト焼入れ・調質・熱処理・コイル製作・歪取り(曲り矯正)・ショットブラスト・精密機械加工